配偶者の母親と間違えられるほどの老け顔なので対策を考えました。
その前にね揺るぎない自信を持って私を母親と決めつけた人も憎いのですが、若い時に似たようなことがあったのを思い出しました。
その時は二十歳でしたがすっぴん生活でした。私の生活態度にも問題があるのね、女なら化粧くらいしろって言うの。

その時は献血に行ったのですが、男性並みに血液濃度が濃かったこともありますが
その時の看護師さんが揺るぎない自信を持って私を男性と決めつけているのです。

少しは迷いがあってもいいのではないですか。確かに私の名前に子は付いていませんが、それにしても。
最後に何て言ったと思いますか、「名前は女っぽいけど男の方ですよね」ですって。

本とにいやなことを思い出しましたよ。